ゴルフは本当に難しいスポーツ

ゴルフは本当に難しいスポーツ

ゴルフは本当に難しいスポーツ。何が難しいかと言うととてもメンタルで影響を受けるスポーツだということです。

 

普段、ゴルフの練習に一人で行った時、自分の思う通りのスイングが出来て、さらにボールもイメージどうりに飛んで行ってくれたとします。

 

けれど、それが本番のコースに出た途端、ゴルフ練習場であんなにうまく打てていたのがさっぱりと打てなくなってしまうことってゴルファーの皆さんなら誰もが経験はあるはず。ゴルフは誰かと一緒にコースを回ったりすることで人に見られていると意識してしまったり、コンペでゴルフ大会に出ることで練習場での精神状態は全く違うものになってしまいます。

 

だからメンタル状態がいつもとおりではなくなるので、普段の実力が発揮できなくなってしまうのだと思います。多分、ゴルフはそこそこ上手な人って本当はたくさんいるのでしょう。

 

けれどその実力を肝心な場面で十分に発揮出来るかどうかということがプロとアマチュアの大きな違いなのかもしれませんね。

 

例えば私たちアマチュアゴルファーがマスターズのような世界中に中継がされ、とても多くの人に注目をされているようなシチュエーションで平常心でグリーンに立てるかとといったらそんなことはまずないと思います。

 

ゴルフってやっぱり精神面の強さが大切なんだなとつくづく思うスポーツです。

page top